ハムスターに長生きしてほしい!健康に育てて病気を避けるコツ

初めてハムスターを飼う方向け

かわいいハムスターをお迎えして一緒に暮らしていると、やはり

「できるだけ長生きしてほしい」

「長く一緒に暮らしたい」

と思うことがあると思います。

ハムスターの寿命は約2〜3年、
まれに4年以上生きるハムスターもいますが、
人間の目線で見ると短い寿命にも感じてしまいます。

かわいいハムスターと長く一緒に暮らすにはどうしたらいいのかお話しします。

スポンサーリンク

前提として

ハムスターに限らず、人間や他の生物も同じだと考えていますが、
生まれもった寿命や先天的・遺伝的な面、体質などでどれだけ健康的に育てても、
どうしても寿命の前に病気を発症する場合があります。

今回お話しする内容は、必ず長生きできる方法ではないことはご了承いただけましたら幸いです。

食生活がカギ

やはり大切になるのが、

「食生活」

です。

ハムスターの食事の考え方は、人間に近い部分があると思います。
気をつける点としては

・ペレット中心

・市販のハムスター用のおやつやひまわりの種などは時々与える

などが考え方のポイントになってくると思います。

ハムスターは太りやすく、腫瘍ができやすい生き物でもあります。

考え方は様々ですが、食生活の面で気をつけることも必要だと考えています。

 

【ハムスターの餌(エサ)・ペレット・食事】お悩み&解決方法まとめ
...

ストレスもできるだけ気をつける

ジャンガリアンハムスター

ハムスターにとって食事以外に環境面も大切になってきます。

ハムスターと言葉を交わして何か生活に困っていることがあるのか確認できるわけではないので、様子を見ながら住み心地がよくなるようにケージの中を整えていく必要があります。

・ケージの広さ

・温度や湿度

・飼育用品

など、ハムスターそれぞれにとって心地のいい環境も異なるため、様子を見ながら整えていきます。

 

【ハムスターとハウス・巣箱】お悩み&解決方法まとめ
...
【ハムスターケージ】お悩み&解決方法まとめ
...
【2021年最新】ハムスター飼育に必要なもの♪ おすすめのお迎え準備
...

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

タイトルとURLをコピーしました